近隣校研修

目的

近隣の小中学校に勤務する教職員が共に学び合うことを通して、教職員一人ひとりの資質の向上を目指す。

  • 小中9年間の子どもの学びの連続性を大切にし、豊かな学びづくり、確かな学力の育成を図る。
  • 教職員間の研修・情報交換を通して、その地区の子どもに共通する課題を解決する。
  • 共に学ぶことで、人的ネットワークの構築を図る。

教育センターによる支援

教育センターでは、これから各地区で進められる近隣校研修を積極的にサポートしていきます。
また、各地区の取組についても情報を収集し、その内容を市内の先生方へ発信していきます。

 

各地区で実施される近隣校研修への支援
  1. 近隣校研修のスタート時や、研修会の計画立案及び運営などに関する相談を受け付けます。
    また、必要に応じて指導主事を派遣します。
  2. 研修会講師・会場の紹介、他都市の取組を紹介します。
各地区の取組の情報収集と発信
  1. 各地区で実施される近隣校研修に関しての情報収集をします。
  2. センターかわら版を発行します。

  3. センター事業報告会で報告や情報交換等を行います。
実施計画書・報告書のとりまとめ、講師謝金、会場使用料に伴う事務手続き
  1. 実施計画書・報告書の受付、取りまとめを行います。
  2. 講師謝金申込書、会場使用料申込書を受付け、支払い手続きをします。